にんにく卵黄は、長年南国九州で食べ続けられている健康食品の一つです。
ただ、ニンニクは臭いがきつい上、生で食べると胃や腸への刺激もきついと来ています。
何しろ、卵黄とにんにくというのは、私たちの健康を維持してくれる最強のサポーターなのです。
九州地方、特に鹿児島や宮崎辺りのおじいちゃんおばあちゃんが元気で長生きなのは、もしかしたら、このにんにく卵黄パワーに他ならないかも知れませんよ。
今、この話を聞いて、一瞬えっ!と思われた方も多い事でしょう。
そう、私たち本州に住む人間は、にんにく卵黄と言えばサプリメントというイメージがめちゃくちゃ強いですもんね。
実は私自身も、つい最近までそう思っていた人の一人ですからね、全然偉そうな事は言えないんですよ。
誰もが簡単ににんにくと卵黄それぞれの恩恵を一度に頂戴出来る優れものなのです。
そんなにんにく卵黄を家で作って家族みんなで食べる、それは薩摩地方では当たり前の事なのです。
というのも、にんにく卵黄にはその名の通り、ニンニクの主成分であるアリシンとビタミンB6がふんだんに含まれていますよね。
まあそういう理由で出来たのかどうかは分かりませんが、とにかく私たちがよく知っているサプリメントに早変わりした訳ですね。
だから、活性酸素の働きによる老化を防止してくれるため、にんにく卵黄はアンチエイジングになると言うんですね。
実はまだそうでもなくて、ちょこっとだったりもするんだけど・・・。
にんにく卵黄はヒットするべくしてヒットしたサプリメントの代表格と言えるでしょうね。
まあとにかく、今日のにんにく卵黄とは何かと言う講習会は中々面白かったです。
その一例としては、アリシンと中性脂肪がドッキングして誕生する脂質アリシン、これなんかは兆抗酸化作用の強い物質です。
他にも、ブドウ糖と戦って血糖値を下げる作用や、悪玉コレステロールをやっつける作用などなど・・・。
なので、例えばにんにく卵黄のサプリメントを1粒飲むと、こうした物質同士が結合する事となり、さらなる相乗効果を生み出すのです。
また、卵の卵黄だけを食べるというのも贅沢な話で、それならいっそのこと、にんにく卵黄という一つの加工食品にしちゃえってか。
にんにく卵黄の持つ効果効能は沢山ありますから、気になる方は、是非一度、健康関連のブログやサイトなどで調べてみられてはいかがでしょうか。

漢方を用いたにんにく卵黄


ただ、家族みんなでその効果効能を実感出来る入浴剤はもっといいでしょう。

にんにく卵黄は、とにかく体の代謝を上げ、冷えを押さえる事が重要。
確かに、漢方のお茶や入浴剤は、アトピーがあるとかないとかに関係なく、もともと体にはいいと言われていますもんね。
その点、副作用の少ない漢方なら、長期間に渡るにんにく卵黄にも適しているのかも知れませんね。
ただ、特に飲む漢方は、いくら副作用が少ないとは言え、0ではない可能性もありますから、にんにく卵黄に用いる場合は、少々気を付けた方がいいかも知れませんけどね。にんにく卵黄は心と体のトータルケアが何より重要だという考え方が、昨今もてはやされつつあるようです。
けれど、最近は西洋医学と同様に東洋医学もグングン進化していますからね。
漢方のお茶や入浴剤というのも満更ではないし、まあ子供のにんにく卵黄だと思えば、結構使えるものみたいですよ。
確かに、新陳代謝が悪いと、体内に老廃物がたまりがちになってしまいますから、アトピーのようなアレルギー体質を持っていない人でも肌荒れを起こしがちになってしまいます。
それに、西洋医学のアトピー治療で用いるステロイド剤などは、長期間の使用や多量の使用は危険だとされています。
けれど、薬局へにんにく卵黄の相談に行くにしても、ある程度はそういう記事を読んで、基本的な漢方の知識を供えておかれる事は重要なのではないでしょうか。
また、自分や子供にフィットするかどうかというのは、さらに大きな問題になって来ます。
実際問題、漢方の入浴剤は臭いが独特なので、いくら子供のにんにく卵黄だとは思ってもねぇっと、大昔に言っていた友人もいました。
スポンサードリンク
にんにく卵黄の成分
この驚くべきソフトカプセルタイプのにんにく卵黄の現状、まあどこまでが本当の話かは分かりませんが、皆さんはどう思われますか。
確かに言われてみればそう、多くのにんにく卵黄は錠剤や粉末ではなく、ソフトカプセルタイプです。
勿論、その方が飲みやすいし、にんにく特有の臭いも抑えられるという利点があるのでしょう。
でも、そんなソフトカプセルのどこがどういけないんだろう、こういう話を聞くと、どうしてもそう思わざるを得なくなってしまいます。
でね、その記事を読んで行くと、どうやらソフトカプセルタイプのにんにく卵黄のウィークポイントは2つあるらしいんですよ。
私が今飲んでいるにんにく卵黄もソフトカプセルタイプになっていますね。
にんにく卵黄のソフトカプセルが危ないかも知れないというコラム記事を一昨日の新聞で読みました。
にんにく卵黄は今大人気のサプリメントですが、これだけ種類が多くなると、いろいろな噂話も出て来るんですねぇ。
つまり、まずにんにく卵黄の粉末を作った後で、リノール湯や紅バラゆで溶かしているっていう事ね。
だから、それを服用する事によって、知らず知らずの間に余分な脂肪を摂取しているという事になるみたいです。
ただね、今回の記事では、ソフトカプセルそのものの安全性が指摘されている訳ではないし、全てのにんにく卵黄がこれらの悪条件を持っているとは限っていないでしょう。
多くのソフトカプセル製剤のにんにく卵黄は1粒が約200ミリグラムから300ミリグラムだと言われていますが、なんと、そのうちのおよそ半分から4分の3はカプセルの厚み。
けれど、市販されているにんにく卵黄の多くは、他にも様々な有用成分を含んでいて、にんにくと卵黄以外の恩恵を被れるようになっている物が圧倒的多数です。
このように、今はにんにく卵黄と一口に言っても、いろいろなメーカーが、様々なサプリメントを出しています。
ちなみに私が今飲んでいるのはスッポンにんにく卵黄なるサプリメント。
何だか男性が喜びそうな健康食品だと思われがちですが、これは立派な女性向けの栄養補助食品なんですよ。
まあこれは、多くのサプリメントに該当する話のようですが、ソフトカプセルの中に様々な成分を閉じ込めるには、それらを調合した後で、油で溶く必要性があるらしんですよ。
形態も様々なら、成分の種類や配合量も様々ですからね、まずは自分に合った物を探す事が何より大事でしょう。
なので、にんにく卵黄を飲んでみようとお考えの方は、是非とも健康関連やサプリメント関連のブログやサイトで、しっかり物色してからトライして頂きたいと思いますね。
カテゴリ
最近の記事
検索
 
RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。